家庭内の防犯対策

家に泥棒が入ってしまう時のパターンは、空き巣や在宅時の進入強盗などがあります。被害に合わない対策として、防犯対策は重要な役割がありその方法は色々あります。
泥棒がどのような手口で住居に進入するか、それを踏まえた上での防犯対策が効果的です。もっとも進入場所として多いのが窓です。
窓の防犯対策を行う事で、被害を受けるリスクを減少できます。窓の鍵はクレセント錠という簡単な鍵がついていますが、対策としてロック付きの鍵に換えたり、補助鍵を付けるのが効果的です。
鍵を強化してもハンマーなどでガラスを割り、鍵を開け進入するケースもあるので、窓ガラスの強化も大切で、防犯ガラスにする事や防犯フィルムを貼るなとの対策が重要です。
外観の防犯対策としては、見通しの悪いフェンスや垣根などで家を囲むと、進入されやすくなるので見通しを良くする対策も必要です。家を囲むフェンスは、横格子だと足をかけて登り易いので横格子が理想的です。
玄関の防犯対策も重要で、鍵は2箇所以上の取り付けが大切です。サムターンなどによる進入を防ぐ為には、取り外しができるタイプが効果的です。
玄関の鍵対策が万全でも、玄関にガラスがはめ込んであるタイプだと、割って鍵を開け進入されてしまうので玄関のガラスは、防犯ガラスにする事がより効果的です。