防犯カメラで家族の生活を守ろう

防犯カメラを使った防犯が一般でも普及してきています。以前なら防犯カメラなんて大げさなことはしたくないとか、防犯カメラを使って防犯対策をしている家はお金持ちの家、なんてイメージがありましたが、小型のカメラが多く普及したことで、カメラの価格が安くなったこと。
そして、一番影響があるのが、日本でも凶悪な犯罪が多数発生しているということです。
昔なら、日本は水と安全はタダなんていわれていましたが、それは昔の話です。時代が変わるにつれて生活習慣の変化なども影響を受け、犯罪の傾向も変化しています。
監視カメラや防犯カメラを使った犯罪への対策も一般化したのは、こうした変化のひとつと言えます。
しかし、防犯カメラを防犯対策に使うといっても、すぐに有効活用できるとは思えません。また、どのような防犯カメラを用意したらいいのかも今はまだわからないことが多いと思います。
そこで防犯カメラを使った生活を守る方法についてここで紹介していこうと思います。

ホームセキュリティで安心した生活を送りたいです

日本は安全な国といわれてきましたが、最近は犯罪が多くなり近くに行くといっても必ず鍵をしなければ安心できません。
ちょっとしたスキを狙われて空き巣に入られてしまったらあとで後悔しても遅いです。
空き巣だけではなく、子供だけの留守番や、離れて暮らしている高齢になる両親元気でいるのか本当に心配です。
そのような心配をしている方は、ホームセキュリティを活用しましょう。
安全対策が守られて毎日快適に生活できます。
セキュリティがしっかりしているので、安心して家をあけて家族旅行にも出かけることができます。
今の時代スマホという便利なものがあり、このスマホとつながっていろいろ確認することができます。
最近は共働きの家庭も多いのでどうしても、家の中で子供が1人だと心配になります。
でも学校から帰宅するとメールで知らせてくれます。
もし何かあった場合、すぐに駆けつけてくれます。
最近のホームセキュリティは、至れり尽くせりで本当に親切です。
24時間365日休まずに見守ってくれるので本当にありがたいです。
防犯以外にも、火災の発生もすぐに感知して被害を最小限に食い止めてくれます。
何が起きるかわからない時代なのでホームセキュリティで安心した生活を送りたいですね。

ホームセキュリティを導入する時の注意点

マンションは集合住宅なのでオートロックや防犯カメラが設置されていてしかも管理人が在中しているので防犯対策がしっかりしています。しかし一戸建てはマンションに比べて防犯対策がしっかりしていないのでホームセキュリティを導入する人が多いです。ホームセキュリティを導入すれば警備会社に自動的に連絡が入って警備員が駆けつけてくれるので防犯対策をする事が出来ます。しかしホームセキュリティを導入する時に注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでホームセキュリティを導入する時の注意点を確認していきましょう。
・費用がかかる
ホームセキュリティを導入する時にまず問題点となってしまうのが費用でしょう。警備会社や料金プランによって費用も異なりますが、基本的には高くなってしまう事が多いです。ホームセキュリティを導入する時は複数の警備会社を比較して自分に適した警備会社を選ぶようにしましょう。
・ペットを飼っていると反応してしまう事がある
室内で犬や猫を飼っている時に動き回ったりしてセンサーが反応してしまう事があります。それにより何もない時に警備会社に連絡が入ってしまうのでペットを飼っている時は設置場所をしっかり考えておく必要があります。

常に防犯の心を忘れずに

一般に防犯というと、鍵のかけ忘れくらいしか思いつかないのではないでしょうか。しかし、しっかり鍵を掛けても空き巣には入られます。ほんのちょっとした注意や心構えで家を守りことはできるのです。
まずは、鍵です。ドアの鍵(または引き戸でも玄関の鍵)は2個以上つけましょう。鍵を壊したりピッキングという方法でこじ開けて侵入しますが、2個以上あると手間が掛かります。空き巣は、そんな手間を嫌うのです。できるなら、窓も二重にしましょう。サムターンという鍵を倒すものだけですと、そこのガラスを切り、手を入れて開けてしまいます。しかし、窓の上もしくは下にもう一つ付けることによって一カ所を切っただけでは侵入できません。これも手間がかかるのであきらめる可能性が高いのです。
また、人が入って来そうな所にカメラを付けるのも防犯上は効果があります。誰か(たとえカメラでも)に見られているという意識が侵入者に働きますから、これも侵入を防ぐには有効的です。また、カメラは落書き等のいたずら防止にも役立ちます。
侵入をしようと思っている人間は、必ず事前に調査をしますから、ここは防犯意識が高いと思わせることも大切です。例えば、狙った家を観察しているときに、家人が出掛けるとします。鍵を掛け、施錠確認をしている姿を見るだけでも、観察者はここは防犯の意識が高いと判断するのです。
また、長期旅行の際などには、新聞受けや郵便受けで留守が解ってしまいますから、新聞の配達は止め、郵便物も郵便局に連絡をして保管を頼みましょう。郵便受けは外から中を見ることのないタイプにし、少し大きめな物にしておくと、数日の旅行ならはみ出しません。普段から心がけましょう。日帰りのお出かけでも、洗濯物を外に干すのは厳禁です。暗くなっても洗濯物が干されている、すなわち留守と判断できるからです。
ほんの少しの注意と心がけが防犯の第一歩なのです。